飾り罫

『髙橋麻帆書店』という古書店

  • 髙橋麻帆著

  • 92ミリ×135ミリ 
  • 本文136頁(未綴じ)  図版篇 カラー図版40枚(取り扱い商品)
  • 函入り 表紙・函題紙 活版刷り 
  • 限定510部
  • 頒価2300円(税・送料別)
  • 特装本 近日発売 頒価未定
     表紙布2種 百年前のドイツの白亜麻装/大正~昭和初期のえびいろの絹帯装

駆け込んだ先は、あの神保町田村書店の二階! 文学博士変じて、金沢で古本屋となる。

本来はドイツ文学、ウィーン世紀末が専門の文学博士。ある日、一冊の本を手に入れるため駈け込んだ神田神保町田村書店の二階洋書部で働くことになる。夢中で本と会話する毎日、やがて彼女は、「古本屋になりたいかも」と思い始める――
そこから後はただ一途、本気の文学博士は古本屋になってしまう。金沢で古書店を開業するまでの日々、試行錯誤の商いを綴った、本人も内容も異色の一冊。