飾り罫

したむきな人々

  • ―近代小説の落伍者たち―
  • 外村彰・荒島浩雅・龜鳴屋編

したむきな人々

  • 四六判 
  • 並装 糸かがり カバー装
  • 本文304頁 
  • 限定544部
  • カバー画・挿画 グレゴリ青山
  • 頒価2190円(税・送料別)

高瀬文淵から安久昭男まで、何たる顔ぶれ、とんだ珍作。忘却の淵から寄せ集めた、思いしたむき、何ともはやなアンソロジー。

[収録作]
 大きい生活と飛んでゐる背    武田 豊

 老武者             高瀬文淵
 松飾り癈止論者        安成二郎
 ある日            熱田五郎
 ある父            藤浦 洸
 秋の一頁          那須辰造
 魔笛            井上立士
 翌檜            埴原一亟
 第五十六号室の男      椎名頼己
 頽廃の顔          榊山 潤
 君の知らない三月が来る     安久昭男
 質問            網野菊子
 
 亭主の顔          伊藤茂次

「どマイナーでどろどろであほあほな人々が出てくる小説、おもしろそう。」 

グレゴリ青山